東京2020オリンピック聖火リレー 愛知県実行委員会

Google翻訳

聖火ランナー募集

愛知県実行委員会による聖火ランナー募集は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

応募受付件数:4,034件 倍率:183.4倍

募集期間 201971日(月)正午~831日(土)(郵送の場合は消印有効)
公募人数 22人(1名あたりの走行距離は約200m)
当選発表 聖火ランナーとして選定された方にのみ、2019年12月以降、ご連絡いたします。

聖火ランナー応募時の記載事項

①走行希望日 
②愛知県との関わり
③申込者の情報(氏名、性別、生年月日、国籍、住所、電話番号、E-mailアドレス、職業など)
④緊急連絡先(申込者との関係、氏名、電話番号、住所など)
⑤保護者の情報・同意(2020年3月1日時点で申込者が18歳未満の場合のみ)
⑥自己PR・応募動機(400字程度)
⑦推薦者の情報(申込者との関係、氏名又は団体名、職業、住所など)
⑧推薦理由(400字程度)
⑨ユニフォームサイズ
⑩特別な配慮の必要性(必要な場合のみ)

聖火ランナーの基本応募要件

  • 2008年4月1日以前に生まれた方とします。ただし、 2020年3月1日(聖火リレー開始月の初日)時点で、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。
  • 原則として、愛知県にゆかりがある方(現時点または過去に居住していたことがある方、現時点で所属している職場や学校がある方、家族や親戚が居住している方、過去に活動したことがある方など)とします。
  • 国籍・性別は問いません。
  • 自らの意思で火を安全に運ぶことができる方とします。ただし、介添えスタッフ(介添者)のサポートは必要に応じて可能です。
  • 政治的・宗教的メッセージを伝えることを目的とする方は、聖火ランナーになることはできません。
  • 公職選挙法に規定する公職にある方(国会議員、地方公共団体の議員・首長)、公職の候補者や候補者となろうとする方、政党や政治団体の党首及びこれに準ずる方は、聖火ランナーになることはできません。
  • 宗教家が、宗教上の実績で評価されて聖火ランナーになることはできません。

聖火ランナー選定の基本的な考え方

対象:全ての人々

  • 国籍、障がいの有無、性別、年齢のバランスに配慮しながら、幅広い分野から選定し、開かれたリレーとする
  • 地域で活動している人を中心に選定

復興・不屈の精神(支えあう心)

  • 日々の生活の中でも、家族、仲間、同僚などお互い支えあって、あきらめずにどんな困難にも立ち向かう人
    例/復興のために、地域コミュニティ再生に多大な貢献をした人

違いを認めあう包容力(認めあう心)

  • 様々な人々との違いを認めあいながら新たなものに取り組んでいる人
    例/様々な個性の子供たちのためのスポーツコミュニティを作り、多くの人が集う地域の拠点を作った人
      地域の人と移住者をつなげて、新たな地域ブランド構築に貢献した人

祝祭による一体感(高めあう心)

  • ランナーとして走ることで、地域の一体感を高めあうことができる人
    例/地域の伝統文化活動を縁の下で支えている人

【応募にあたっての注意事項】

  • 聖火ランナーの公募は、各都道府県実行委員会および東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナー4社(日本コカ・コーラ株式会社、トヨタ自動車株式会社、日本生命保険相互会社、日本電信電話株式会社(NTT))によって、それぞれ実施されます。
  • 同一人物が「複数のプレゼンティングパートナーへの応募」又は「プレゼンティングパートナー及び都道府県実行委員会への同時応募」をすることは可能ですが、「複数の都道府県実行委員会への応募」はできません。
  • 車いす等の走行に必要な機器・器具が必要な場合は、ご自身で手配をお願いします。
    ※車いすに聖火リレー用トーチを接続するアタッチメントは、東京2020組織委員会にて手配します。
    ※単独走行が困難な方は、介助者を1名付けていただくことが可能です。
    ※必要に応じて、身体障がい者補助犬とともに走行することを許可いたします。
pagetop